交通事故に備えた損害保険の弁護士特約

最近、損害保険の中で、自動車保険や火災保険に付帯して弁護士特約ができてきましたが、
これがあまり使われていません。

そこで、この特約は何か、どんなときに便利かを知っておくと得です。

これは、交通事故や怪我で弁護士を使いたいときに費用を300万円までを
保険会社が補償してくれる保険です。

弁護士に対する支払額の300万円までですから、実際の相手への請求金額は
1500万円規模の事案まで対応可能ということになります。

しかも、保険料は1000円程度です。
入っていて損のない保険です。

しかし、多くの人が疑問を抱くのは、そもそも、交通事故に関しては
自動保険に入っているのだから、保険会社がすべてやってくれるから
要らないだろう思うことです。

そのため、どんなとき使うと有利か?というと、それは、保険会社同士の話し合いに
納得いかない場合です。

たとえば過失割合や自分の損害賠償金について、当事者としては納得いかない場合には、
この保険に入っていると、保険会社の許可を取れば、弁護士に相談することができます。

その場合は、たいてい、賠償金で有利になることが多いです。

交通事故問題で弁護士に依頼をするタイミングは?

交通事故に遭ってしまった際には、けがなどを負ってしまうことも多く、
身体的なダメージを受けるだけでなく、精神的、金銭的なダメージも
受ける場合が少なくありません。

こうした状況にあっても、相手側との交渉を行わなければならず、
非常に大きな負担を強いられることが珍しくありません。

最近は交通事故問題で弁護士に対応を任せる人が増えてきていますが、
事故発生後、できるだけ早いタイミングで依頼することが得策といえます。

時間が経てば立つほど、相手側との接触が増える可能性があり、精神的に
プレッシャーを受けることもあります。

また不用意な発言をしたことで、後になって決定的に
不利な情報を与えてしまう可能性もあります。

もちろん弁護士に対応してもらうことで、費用を支払う必要は発生しますが、
賠償金が支払われる場合には弁護士基準での支払いとなるため、
そうした費用を支払ったとしても、はるかに多くの金額を受け取ることが可能になります。

交通事故の当事者になってしまい、事故に関する対応を弁護士に依頼する際には、
できるだけ早いタイミングで行うことがベストであるといえるでしょう。

交通事故問題の弁護士費用の相場は?

弁護士に交通事故の示談交渉の代理人になってもらうためには、
まず着手金を支払う必要がありますが、相場はおよそ二十万円ぐらいであることが一般的です。

また、その交通事故の示談交渉で損害賠償金の増額が実現できた場合には、
成功報酬として増額した金額の10パーセントにあたる金額の費用を弁護士に支払うというのが
一般的な相場になります。

たとえば、示談交渉で加害者が加入している保険会社が提示する示談金より、
五百万円もの金額を増額できた場合は五十万円の成功報酬を弁護士に支払うことになります。

そのため、着手金二十万円を前もって支払っていたとしても五百万円の増額を果たしているので、
成功報酬と着手金を差し引いても四百三十万円多く、損害賠償金を受け取ることができるように
なります。

このように、交通事故の損害賠償金の示談交渉の代理人としての弁護士費用を
負担したとしても一定の金額の損害賠償金の増額が実現できれば、被害者が受け取る
損害賠償金の増額は確保できます。

交通事故の相談は弁護士と行政書士どちらにする?

日本において法律関係の相談先としてよく活用されるのは弁護士と行政書士なのですが、
交通事故の相談をするのであれば間違いなく弁護士の方が有利です。

これはどうしてかというと、弁護士には日本において「代理権」が認められている
数少ない存在だからです。

代理権とはある人の権利をその人の代わりに行使する権利のことで、
これには法律トラブルにおいて交渉を行う権利も含まれています。

この権利が無い専門家となるとどれだけ知識があったとしても
交通事故で被害をこうむったわけではないのならば
その交通事故の当事者では無い、当事者では無いのであれば
交渉に参加することも出来ないといった形で扱われることになります。

もちろん直接の交渉には当たらない軽いアドバイス程度であれば
依頼人の権利を代行するわけではないためどちらに行っても構わないのですが、
今後の交渉などを視野にいれて依頼をするのであれば弁護士に依頼をした方が
良いと言えるのです。

交通事故問題の弁護士の成功報酬について

交通事故問題では、着手金とは別に成功報酬がかかることが多いです。
これは、慰謝料などをとることに成功した場合の報酬ですが、
慰謝料を150万円とることに成功したら、その1割の15万円が
報酬となるというわけではないようです。

弁護士事務所によって異なりますが、相手から慰謝料を50万円支払うという
申し出があったとします。

すると、この50万円についてはすでに払ってもらえる可能性の高いお金です。
さらに、交通事故弁護士に依頼をして、慰謝料を150万円まで増額されたとしたら、
弁護士の力によるのは増額された100万円の分ですので、報酬はその1割の
10万円となることが多いようです。

弁護士に支払う報酬については、法律による決まりがあるわけではなく、
それぞれの法律事務所によって料金設定は異なります。

契約をするときには、必ずいくらの費用がかかるのか、成功報酬は
どのようになっているかについて確認をしておくことが重要です。